カテゴリ:未分類( 9 )

ほっといてニャ

f0073303_1420833.jpg

ほっといてニャ
イチゴの似合わないジローより
[PR]

by ricky-momi | 2010-11-16 14:20

久々に餃子

f0073303_153497.jpg

10月に里帰りした時に、
兄家族が来るので、久々に餃子を作りました。
これは普通の味。
他にxoジャン味とキムチ味バージョンを作りました。

「こっちが普通で、これはxoジャンとキムチ味ね。」と説明したら、

「餃子屋にでもなるのか?」と兄に言われちゃいました^^;

もう何年も作って無かったので、上手く出来るか心配でしたが、
取り合えず大丈夫の様です(^◇^)

旦那にも久々に作ってあげようかな?
[PR]

by ricky-momi | 2010-11-12 01:53

今日のランチ

f0073303_15214538.jpg

チョッと遅めのランチはマックで!

知ってますか?
セットのポテトをサラダやコーンにチェンジできる事を!
追記:マックのHPを見たら、サラダは3.5ドルでチェンジできると書いてありましたが
コーンのことは書いてありませんでした。今はサラダだけかもしれません。
注文の時に確認してみてください。


3.5ドル(たぶん)追加で、できます。
飲み物をコーヒーなどにチェンジすると、更に追加料金がとられるので、
このセットで30ドル近くします。

マックも少しずつ値上がりしてます。
以前よりお客さんが少ないように感じます。
マック=お手軽感 だったのになぁ。

ランチにハンバーガーって、お手軽に食べられていいんだけれど、
ポテト以外のチョイスをもっと増やしてくれると嬉しいのになぁ…。

今日のランチも、カロリーだけは、しっかりと頂きました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
[PR]

by ricky-momi | 2010-11-09 15:21

肉片=ぶた肉

f0073303_1812442.jpg

今日のランチは干炒肉片河
飲み物つきで33ドル
1ドル値上がりしました(>_<)

干炒河といえば、牛肉が多いですが、
「肉片」と書いてある時は、ぶた肉です。
牛肉の時は「干炒牛河」と書いてあるのに、
なんでぶた肉の時は「干炒猪河」ではなく、「肉片」なんでしょうね?

この一皿で一日のカロリーを摂取しちゃいそうです^^;
[PR]

by ricky-momi | 2010-11-06 18:12

ホロ酔い気分で

f0073303_22391397.jpg

ホロ酔い気分で夜の街
セントラル HSBC銀行前

バス2階は、めっちゃ揺れる。
ホロ酔い加減も加わって、KBがうまく打てない^^;
[PR]

by ricky-momi | 2010-11-03 22:39

あちぃ(~_~;)

f0073303_012139.jpg

なんだか、密着度がUPしてるのは嬉しいけれど

ちと、暑い(~_~;)

猫たんぽは、まだちょっと早いかも?
[PR]

by ricky-momi | 2010-11-03 00:01

テス、テス、テストちゅ

f0073303_1416385.jpg


昨夜の花火
いつも運動している公園から
地元の人には知られている
穴場スポットです。(花火遠いけど)(^_^;)
下に見える駐車場にも、大型マンションが建設予定。
あと何回ここから花火が見えるかな?
iPhoneから送信
[PR]

by ricky-momi | 2010-10-02 14:16

あ~っ、ビックリ!!

f0073303_0122079.jpg

なんだか最近色々なところに潜り込むモミ姫。
この前は、シーツを取り替えているときに重ねて置いた
枕と枕の間に挟まってたしね・・・。

潜り込んでいるモミの姿を撮ろうと
カメラを近づけると・・・、

よ~く、ご覧ににゃって~!(動画)

あ~っ、ビックリした! ( ̄ω ̄;)!!

人気blogランキングへ
やっぱり、爆睡しているとき以外のアップは難しいなぁ…。


f0073303_0193356.gif
「私たちはファー(毛皮)を買いません!同盟」
[PR]

by ricky-momi | 2006-09-22 00:21

チャム君の思い出

f0073303_28359.jpg私が中学生のときに拾ってきたチャム君。
通学途中に誰かが下水管のなかに猫がいると騒いでいました。
蓋のある下水管。
誰かが故意に入れたのは明らか。



ヒドイ!

下水管の蓋を開け救出。その猫を抱えて学校へ。
ティッシュBOXにすっぽりと入ってしまうほどのオチビちゃん。

一晩だけ預かる予定でジャージに包んで家に連れて帰りました。

玄関先で、「かわいそうだから、一晩だけ!」と泣きながら頼みました。

絶対にダメだと叱られると思ったら
「それじゃ~、一晩だけね。」と家に入れることを許してくれました。
翌朝には、母が「チャム君」と名づけ、それから10年間我が家の一員として過ごしました。


チャム君は、弱虫で臆病。
お風呂もダメだったので、ご覧のとおり真っ黒です。(苦笑

外に出る猫だったので、喧嘩に負けて傷だらけになって帰ってきたり、
心無い人にいじめられたのか前足を骨折したり、病院通いの多い子でした。


チャム君が居なくなってから、猫は好きだけれど死んだときが辛いのでもう飼う事はないだろうと思いました。

それから10年後、私は猫に囲まれた生活をまた送っているのでした。
[PR]

by ricky-momi | 2006-04-08 02:13