モミ姫、胃腸炎

我が家にモミちゃんが来た翌日、病院へ。
ワクチンを接種して、耳のお薬と虫下しのお薬を処方してもらいました。

虫下しのお薬は3日後の水曜日に飲ませるようにと指示されました。

実はモミちゃん、我が家に来てから少しウンチがゆるかったんです。
お腹の虫の仕業かな?と思っていたのですが、虫下しの薬を飲んだ後も治まらずにますますゆるゆるウンチになってしまいました。
そのうち水様便になり、1日に5回もちびちびと。週末には吐いたりして、
少しずつ元気もなくなりゴハンも食べなくなりました。

ダンナ様はちょうど水曜日から日曜日まで日本に出張。
土曜日の夜には、グッタリとしたモミを抱きしめて号泣しちゃいました。

このまま死んでしまうのか?

そう思うと、涙が止まらなくて。

「モミちゃん、がんばれ~!早く元気になってリッキーと遊ぼうね~。」

そうモミちゃんに声を掛けて励ましているつもりが、気がつけば自分を励ましていました。

ダンナ様が戻った後も状況は変わらず、病院へ連れて行く事に。

診断は「胃腸炎」

てっきり虫下しのせいかと思い込んでいたけれど、言われてみれば胃腸炎だよなぁ~と思いました。

f0073303_31185.jpg原因もわかって一安心。
でも、処方してもらった4つの薬のうち3つは水薬。
中でも1つは激まずのようで、モミちゃん泡拭きながら飲みました。
他の2つはイチゴ味とさわやかな甘い香りの薬でした。でも、猫にはイチゴ味でもあまり意味がないと思いますが…。
弱っているモミちゃんの苦痛な表情は見ていて本当に辛かったです。

「モミちゃん、まじゅいねぇ~。今度はイチゴ味じゃなくてお魚味にしてもらおうなぁ~。」と、話かけながら30分ほど時間をかけて飲ませる事ができました。
1種類につき1mlほどの少量なんですが、猫に水薬は厳しいですね。
(数日後は要領をつかんで短時間であげられるようになりました)


f0073303_3121324.jpg病院へ連れて行ってから3日過ぎてもあまり状態は良くなりません。
一番の心配はゴハンを食べない事。
モミは我が家に来た時には1.3キロ。再び病院へ連れて行ったときには1.2キロ。
グングン育つ時期に100gの減少はかなり心配。
抱っこして背中をさすっていると、骨ばったモミちゃんの体が痛々しかったです。

「もうダメかもしれない。」

再び不安に襲われ、モミを抱きしめながら涙がポタポタと落ちてきます。
ダンナ様は「大丈夫。モミちゃんは大丈夫。明日病院へまた行こう。」と
涙を拭いてくれました。
私は時間の許す限りモミを抱いていました。

モミが一人で寝ているときには、なんだか冷たくなっているように感じたけれど
私に抱かれて毛布に包まっているモミはポカポカと暖かい。

やきもち顔で覗きに来るリッキーに
「ごめんなぁ~、モミちゃん具合悪いからハハの事貸してあげてなぁ~。」と
なだめながら、夫婦で夜中の3時過ぎまでモミに付き添っていました。
ゲージも私達の寝室に移し、家族4人でひつとに部屋で眠る事に。


実は、モミの事で六福のぶさんとは毎日のように報告&相談メールのやりとりをしていました。
ダンナ様が出張中などには、私の不安な思いを聞いてもらって本当に心強かったです。
ぶさん、本当にありがとう。
そして、ぶさんからゴハンを替えてみないかと提案されて、ぶさんのところにいた頃に食べていたゴハンに変更することにしました。
ところが、勤め先の近くのペットショップ数軒まわったけれど、みつからない。
「犬用はあるけれど、猫用はない。」
などと言われ、焦りながら探しまわります。

1分でも早く家に帰りたいのに!

金曜日のコーズウェイベイ、
普通に歩くのもやっとなのに、急ごう急ごうと思えば思うほど前に進まない。
何度、人ごみを一気になぎ倒して進もうと思ったことか。
奇声を発して皆を避けさせて走ろうかとさえも思ったくらい。

最終的には上環まで地下鉄で移動して、六福で無事購入。

ダンナ様に電話をすると、私よりも先に家に帰れる様子。
数分後もう一度電話をしてモミの無事を確認。

帰りのバスの中では、モミの無事を知って、やっとゴハンも買え、
張り詰めた気持ちが緩んだのか爆睡。


家に着いてさっそく新しいゴハンをあげたところ、
パクパクと少量ながらも食べてくれました。

ぶさんに勧められて六福で購入したペットフードはオーガニックのもの。

「人間がオーガニックじゃないのに(オーガニックを食べてないのに)モミはオーガニックかなぁ~!」

なんて苦笑しながらも、久々にゴハンを食べるモミ姫の姿に一安心のHachi夫婦でした。


ぶさん、むつさん、本当にありがとうございます。


しかし・・・、


今度はリッキーが、ブリブリうんちに2回の嘔吐。

あぁ~、まだまだ気が抜けないHachi家の子供達です。


【追記】普通、胃腸炎やその他の病気の時に違うフードへの切り替えはお勧めできないそうです。今回、モミちゃんは一刻も猶予すべき状態ではなかったので思い切って切り替えました。(もともと、モミちゃんが食べていたフードでもありましたし。)
結果的に今回は切り替えて良かったのですが、みなさんが同じような状況になった時には専門家や医師からアドバイスを仰いでください。
[PR]

by ricky-momi | 2006-02-25 14:59 | モミ姫

<< モミ姫 元気になりました! 子猫がやってきた >>